魚を積極的に食べて美容と健康な毎日を送りましょう

魚の油脂は多価飽和脂肪酸というもので血液をさらさらにしてくれるえいようそです。
一方、肉は飽和脂肪酸で悪玉コレステロールを増やします。
ダイエットでは魚の油脂の方が必須脂肪酸を多く含むので良いと思います。
魚肉は積極的に食べることで生活習慣病の予防効果があります。
中性脂肪と悪玉コレステロールを減らしてくれ血流を良くして、インスリンの分泌を改善してくれます。
これは、糖尿病の予防につながり生活習慣病を防ぐ効果があります。
加齢による老化にはサケなどが良いとされアンチエイジング効果がありはだに潤いやハリを与えてくれます。
サケ、ハモ、ひらめ、フグは白身で美容に特に良く、サケの成分アスタキサンチンは疲労の回復、美肌効果、筋肉の持久力の向上など健康と美容に期待できます。
元々、日本では野菜と漁業の食生活をしていました。
食の欧米化で生活習慣病が増えて今後も増加の傾向にあります。
少し昔の日本らしい食生活と生活習慣に戻して健康と美容を取り戻しましょう。